ソフトウェアの進化

ソフトウェアというのは、日々進化しています。特にジャンルによっては1年単位で全く別の物ともいえるものになるものもあります。しかし中には一見変わっていないように見えるものもあります。 長く使われているサービスやソフトウェアでは、あまり大きく変わったりするのは稀です。ユーザーへの混乱を避けるためです。しかしそれはまったく新しくならないということではありません。便利に使ってもらうための工夫や、動作を安定させるなど、多くのことが進化していきます。 わかりづらい進化 わかりづらい進化というのは大切なことです。すべてのアップデートや進化が大きく変わる物だったりすると、ユーザーはいちいちそれに慣れなくてはなりません。 しかし、ユーザーの中には高齢のひともいるので、新しい物に慣れることが苦手な人もいるわけです。そうしたユーザーのことを考えると、大きな変化を伴う進化がいつも正しいというわけではありません。  

ソフトウェアのこれから

スマートフォンであっても、パソコンであっても便利に使うためのソフトウェアというものが存在します。多くのソフトウェアが日々リリースされていますし、アップデートもなされています。そんなソフトウェアは分野によって様々なものがあるわけですが、どれも便利なものであることには変わりません。 アップデートをしよう よく使われているアプリは頻繁にアップデートされていくものですが、皆さんはきちんとアップデートをしていますか?こうしたアップデートはただ便利にするという訳でなく、セキュリティの面から見ても大切なものです。 なので基本的にはアプリのバージョンは最新のものを使いましょう。しかし、中にはアップデートをすることで逆に使いづらくなってしまうことがあります。そうしたアプリを見分けるためには、周りの人のレビューを見るという方法があります。一度アップデートするのを待ってから周りの反応を見て、決めるということができます。これを利用しましょう。  

SNSの良いところ

ソーシャルネットワーキングサービス、すなわちSNSは多くの人と関わることができるわけですが、一番の利点とは何でしょうか。SNS、とりわけツイッター上では、自分が欲しい情報だけを手に入れるということが可能です。つまり自分が心地のよい環境や人間関係を構築できるというわけです。 危険さもあります しかし、自分にとって心地の良い情報だけを得る環境というのは、自分の考えが世間にとって正しいと思い込んでしまうことに繋がります。一般的な趣味の繋がりなどであれば、問題はないでしょう。しかし、政治的なグループであったり、宗教的な考えを持って集まった集団であれば、これは大きな問題となることもあります。 自分の偏った思想が一般的であると勘違いしてしまうことで、現実世界で周りの人間にその思想を強要してしまったりするというわけです。そういった問題を回避するためには、多くの視点を持ってSNSを利用するということが大切です。気を付けておきましょう。